セルフ脱毛!肌を守るための注意点

クリームを使うときは必ずパッチテストを

今や女性にとって、脱毛というのは日常自分の隣にあるものになりつつあります。
そしてその脱毛をするためのグッズというのも、たくさん売られるようになりました。
そんな脱毛グッズの中に「脱毛クリーム」というものがあるのをご存知でしょうか。
使い方は至って簡単で、脱毛したい部分にクリームを塗って一定時間放置し、その後お風呂などでクリームを洗い流すだけ、というものです。
値段もそこまで高くなく、使い方が簡単であるために若い女性を中心に、広がりつつあります。
とても便利なものなので、使ってみたくなるものではあると思いますが、この脱毛クリームを使うときに、一点注意しなくてはならないことがあります。
それは「パッチテスト」です。
パッチテストとは、薬剤を使用する48時間前に、その薬剤を使って肌に異常が出ないかどうかを検査するものです。
主に髪を染めるときにこのパッチテストはおなじみではありますが、クリームを使う際もパッチテストは必要になります。
脱毛クリームも薬剤ですから、当然といえば当然です。
パッチテストのやり方は、まず薬剤を少量手に取り、腕の内側の肌に塗ります。
そしてこのまま48時間放置するのです。
塗った部分に何も変化がなければ、その薬剤を使っても問題がないということになります。
逆に赤くなってしまったりする場合は何かしら刺激を受けているという証拠なので、その薬剤を使うことはできないのです。
このパッチテストを怠ると、薬剤に体がアレルギー反応を起こして、最悪呼吸困難などの重篤な症状を引き起こすことにもなりかねません。
ですから面倒でも、毎回使用するときにはパッチテストを行わなくてはいけません。
一度パッチテストを行って大丈夫だったから、と怠ってはいけません。
体調によっては、以前は反応しなかったものでもアレルギー反応を起こすことがあるからです。
幸い、脱毛クリームは週に1〜2回の使用で済むものが多いので、きちんとパッチテストをしてから行うことができます。
面倒がらずに必ずパッチテストを行ってから脱毛クリームを利用するようにしましょう。
また、もしも肌のことで心配なことがある場合は、クリームを使用する前に皮膚科で検査をしてもらうなどしておくといいでしょう。
また、脱毛クリームをサロンやクリニックでしている脱毛に+αして使いたいという場合も、脱毛しているサロンやクリニックで、クリームを使ってもよいかどうか、確認しておくようにしましょう。
トラブルはいつ、どこで起こるかわかりません。
それは肌でもなんでもそうです。
ある程度は自分で予防線をはるようにしましょう。