セルフ脱毛!肌を守るための注意点

脱毛器を使うことのメリットとデメリット

最近は技術も発達し、家庭でもエステ並の機能を持つ脱毛器を使えるようになりました。
わざわざエステに行かなくても、同じような効果を得ることができるなら、やはりこちらのほうがいい、と思う人も多いはずです。
ですが、いいことだけではありません。
家庭用の脱毛器を使うことのメリットとデメリットについてご紹介しましょう。
まず、脱毛器について知りましょう。
家庭用の脱毛器のほとんどは本体+消耗品(ジェルなど)が必要になります。
現在の主流は光を使ったフラッシュ脱毛というもので、この光には相当な力があるために、肌を守るためにジェルなどが必要になるのだといいます。
さて、この家庭用脱毛器、いったいどんな魅力があるのでしょうか。
まず第一に一台で全身の脱毛ができることでしょう。
それ一台あれば、腕やワキ、脚など自分の気になる部分を自分で綺麗にすることができます。
それにプラスして誰かに見られることがない、ということでしょう。
やはり誰かに見られて脱毛するのは恥ずかしい…という女性は多いはずです。
でも家庭用の脱毛器を使えば自分で脱毛できるから誰かに見られることもありません。
では逆にデメリットはなんでしょうか。
第一にコストです。
家庭用脱毛器は安いものなら2万円程度で買えますが、機能が充実しているものになると5万円以上することもあります。
これだけでも十分に「高いなぁ」と感じるのに、これに加えて消耗品が必要になります。
本体は一度買えばそれで終わりですが、消耗品は終わったら買い足さなくてはいけません。
つまり使い続ける限り半永久的に消耗品分の費用がかかっていくわけです。
なのでコストはかなりかかることを覚悟しておいたほうがいいでしょう。
そして何よりも「効果がない場合」というのがあることを忘れてはいけません。
脱毛器によっては、合う合わないがあり、きちんと使っていても効果が出ないということも十分に考えられます。
クリニックやエステのように、カスタマイズされたものではないので、自分が合わない可能性だってありえるのです。
高い買い物をしたのに…と、後悔する可能性だってあることを十分に理解したうえで購入することをおすすめします。
そして、もしもを考えるならば、脱毛器は補助程度に考えて、クリニックなどに脱毛の相談をするのがいいでしょう。
脱毛のプロが施術してくれれば、自分では手の届かなかった場所も綺麗に脱毛してくれますよ。
背中などの部位はどうしても自分では無理ですから、そういった面でもプロに任せるというのも選択のひとつとして頭に入れておくべきでしょう。

人気の脱毛について、実はユーザーが多いこのサイトをブックマークしましょう