セルフ脱毛!肌を守るための注意点

カミソリを使った方法

女性の脱毛で自己処理をする、といえばカミソリが一番の代名詞でしょう。
自己処理派の多くの女性たちがこの方法で自己処理をしたことがある、と答えるでしょう。
それぐらいポピュラーです。
学生時代などは特にお金がないために、安く手に入るカミソリで手入れしていたという人も多いでしょう。
学生時代などはまだまだ肌も若いのでどんどん代謝されて新しいものに生まれ変わっていきます。
だから、カミソリ程度の刺激には、あまりに頻繁に手入れをしなければ、負けることはほとんどありません。
ですが、ある程度年齢を重ねていくと、ダメージがどんどん蓄積されていきます。
するとカミソリ負けをしてしまったり、あるいは肌がガサガサになってしまったり、というトラブルが発生してくるのです。
それでも、カミソリでの処理をやめない人もいます。
なぜなら、簡単だからです。
カミソリを使った自己処理というのは非常に簡単で、肌にカミソリをあてて、毛の流れに逆らう形で滑らせるだけなのですから。
でも、カミソリで脱毛をしたところというのは、実は肌の一番上の表面部分も一緒に削ってしまっているのです。
これが、カミソリを使って自己処理をするとトラブルが起こる、一番の原因なのです。
そのままの状態でやれば、もちろん荒れます。
ボディソープなどをつけて、その上からカミソリを当てたとしても、やはりある程度は削れてしまいます。
そしてそのまま放置してしまえば、どんどん肌の水分が削れた部分から逃げて行き、結果カサカサになるというトラブルを呼ぶのです。
忙しい女性たちは、なかなかエステなどにも行くことができず、カミソリで処理をしている人もたくさんいます。
もしも、どうしてもカミソリで処理しなくてはいけないというのであれば、きちんとアフターケアをしましょう。
カミソリを当てた部分はとても敏感になっていますから、刺激の強いものはいけません。
できるだけ刺激のない化粧水などをつけましょう。
そしてしっかり保湿することも忘れてはいけません。
きちんとアフターケアをすれば、ある程度は荒れなどを防ぐことも可能です。
ただし、この方法も万能ではありません。
やはりダメージというのは蓄積されてしまうものですから、頻度を見直したり、あるいはもっと違う方法を探したりすることも必要でしょう。
自分の肌の状態などとも相談したうえで、自己処理を行うようにしていきましょう。
肌がボロボロになってから泣きをみても遅いのですから。

人気の脱毛について、実はユーザーが多いこのサイトをブックマークしましょう